えちぜん鉄道三国駅前広場完成記念セレモニーに本学学生が参加(レポート)|KANAIGAKUEN ACTION BOOK|金井学園

9月19日にえちぜん鉄道三国駅駅前広場完成記念セレモニーが三国駅前広場にて開催されました。
駅と直結している「えっせる坂」の階段部分に、歌川広重が描いた浮世絵「三国湊」、三国節「三国帯のまち流し」、三国祭「山車」の風景を描いた絵や、本学環境情報学部デザイン学科三寺教授と村井准教授、学生有志が制作した、広域案内看板が披露され、まちの魅力を発信していく拠点としての機能が高まりました。


<えちぜん鉄道三国駅前大型マップ制作>
観光まちづくりの実現を目標に、ツールをデザインする「巡りのデザイン」という研究のなかで、三国駅前広場に設置された広域案内看板の最後の仕上げを福井工業大学デザイン学科村井研究室の4年坂東凛汰朗さんが担当しました。
このプロジェクトは発足してから4年間引き継がれており(坂東君で4代目)、今回の完成に至るまでに住民の方々にいろいろなご意見をいただき、歴史文化や景観の要所、街歩きのルートを掲載し、地元住民・観光客にとって記憶に残る理想的な「巡り」を提供することができたと思います。




tag

#OB・OG#Re_BRANDING#SDGs#お宝発見#お知らせ#まなびスタイル#グローバル#サスティナビリティ#スポーツ&カルチャー#ダイバーシティ#ラボ☆レポ#中学校・高等学校#受賞・表彰#地域連携#大学#学生・生徒サポート#専門学校#歳時記#産学連携#社会連携#高校
タグ一覧はこちらタグ 一覧へ

keyword

TOPに戻る