とちぎ国体2022〈馬術〉準優勝 吉村英喜さん|KANAIGAKUEN ACTION BOOK|金井学園

とちぎ国体2022 馬術競技が那須塩原市の地方競馬教養センターで開催され、福井工業大学職員の吉村英喜さんが男子六段障害飛越にて準優勝を果たしました。

吉村英喜さん(40歳)は馬術一家にうまれ、現在福井工業大学社会連携推進課に所属しています。
また福井工業大学馬術部の監督として中高生や大学生の指導も手掛け、現役生活との両立を果たし、今までに20回以上国体出場しています。

「経験豊かで信頼している馬(カスコ)と、不安なく大会に臨めたと振り返り、2010年千葉国体の3位を上回る自己最高の結果を締めることができました。
中学高校大学馬術部員のみんなが、ライブ中継を見ながら声援を送ってくれて、大変力になりました。今後も彼らの目標となれるよう頑張ります。」



tag

#OB・OG#Re_BRANDING#SDGs#お宝発見#お知らせ#まなびスタイル#みさきち#グローバル#サスティナビリティ#スポーツ&カルチャー#ダイバーシティ#ラボ☆レポ#世界へ羽ばたけ!#中学校・高等学校#住み続けられるまちづくり#受賞・表彰#地域連携#大学#学生・生徒サポート#安全な水とトイレを世界中に#専門学校#歳時記#気候変動に具体的な対策をを#産学連携#研究#社会連携#製菓専門学校#飢餓をゼロに#高校
タグ一覧はこちらタグ 一覧へ

keyword

TOPに戻る